石油製品は危険物に分類されます。

 輸送には細心の注意を払わねばなりません。

 石油製品の配送においては、配送するというだけではなく、

 何よりも安全確保が要求されるのです。

 平沢運輸では最新システムの導入と、

 従来から続く的確な作業の安全確認、安全点検を実践し、

 事故の発生を未然に防ぐため日々努力しています。

 

 

 

     2015年度 安全マネジメント レビュー (PDF  117KB) 

    ● 2016年度 安全 方針 (PDF  139KB)  

    ● 2016年度 教育指導年間計画表 (PDF  157KB)  

 
 
 
   
 
 

 

 

乗務員研修会

 当社では1年を通して、全乗務員を対象に乗務員研修を行っています。
 経験とともに生まれる自己流になりがちな運転技術、
 慣れによる無意識処理の荷卸作業、

 これらを矯正することにより、プロ意識の確立・向上をはかります。
 トラブルを未然に防ぐための“トラブル回避想定問題”や消防法について、
 また基礎知識として石油業界の動向などの講義を受け、
 フリー討議を行うことにより、自らの仕事の位置付け、“安全”に対する責任の意識付けを行います

乗務員研修会(正社員)

宮城県にて開催(季節乗務員)

   
 
     

 

積み込みパトロール  
 

 

 油槽所構内に入るところから、伝票発行、 準備作業、
 積込みまで出荷するまでの一連の作業において
 マニュアル通りに行えているか、
 チェック表を元に点検を行います。
 この作業もまた、危険物を扱うという自らの
 仕事に対する責任感を養います。
 平沢運輸(株)は常に“安全”作業に向け
 万全な体制で取り組んでいます。 タンクローリーの積み込み作業をチェック
   
 

 

     

 

荷卸訓練

荷卸し訓練の様子

 
 タンクローリーは、お客様の会社名やマークを

 背負って走る、言わば"動く看板"であり、
 企業の顔です。
 マナーやマニュアルをきちんと守り
 事故の無いよう常にベストを尽くさなければなりません。
 しかし、こうした徹底した安全管理があってこそ
 お客様から信頼を得る事が出来ると弊社は考えます。
 
 
   
     

 

配送支援システム

 

 
 乗務員の安全対策だけでなく、

 事務スタッフもまた安全対策のバックアップをします。
 新たに導入した運行管理システムでは、
 GPSを使用し車両の位置を常に把握、
 誤配送防止機能を搭載し、もし誤った届け先に
 タンクローリーが向かってしまった場合にも
迅速な対応を行う事が可能です。
 
   
     
 

 

Hirasawa Intelligent Transport & Services Co., Ltd.